初めての方はまずココをチェック!

中原中也の詩「湖上」について解説!夜の舟に乗り込む恋人たち

今回は、中原中也「湖上」という詩について紹介させていただきます!

メルヘンで幻想的な雰囲気の詩を書く中也ですが、中でも「湖上」は特にロマンティックな色が強い作品で、読んでいるとこちらまでうっとりとした気持ちにさせられてしまいます。

純子

普段はがさつでロマンの欠片もない蜜柑ちゃんでも、中也の「湖上」を読めばうっとりしっとりした気分になれること間違いなしなんだから!

蜜柑

さりげなくディスってんじゃねー!

「湖上」ってどんな詩?

舟の上で語らう男女のイメージ画像

それでは、さっそく「湖上」の本文を読んでみましょう!

ぜひ、情景を頭の中で思い浮かべながら読んでみてくださいね。

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう。
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

沖に出たらば暗いでせう、
櫂から滴垂る水の音は
昵懇(ちか)しいものに聞こえませう、
――あなたの言葉の杜切れ間を。

月は聴き耳立てるでせう、
すこしは降りても来るでせう、
われら接唇(くちづけ)する時に
月は頭上にあるでせう。

あなたはなほも、語るでせう、
よしないことや拗言(すねごと)や、
洩らさず私は聴くでせう、
――けれど漕ぐ手はやめないで。

ポッカリ月が出ましたら、
舟を浮べて出掛けませう、
波はヒタヒタ打つでせう、
風も少しはあるでせう。

以上が「湖上」の全文です!

純子

読んでもらえれば分かる通り、「湖上」は恋人たちが夜に湖の上でお舟デートをする様子が描かれた詩なの!




「湖上」のココがエモい!

「湖上」はなんといっても、どの一文からも薫り立つ雰囲気の良さが最高のエモポイントです!

出だしの、「ポッカリ月が出ましたら、舟を浮べて出掛けませう」という語り出しから、あっという間に中也が作り出す、幻想的でロマンティックな世界へと誘われてしまいますね。

続く、「波はヒタヒタ打つでせう、風も少しはあるでせう」という文章からは、夜の湖の上という、静かで密やかな雰囲気が演出されています。

純子

静かな風の吹く月夜に、恋人と2人で湖の舟に乗る……想像するだけでキュンキュンしちゃうような、素敵なシチュエーションよねっ!

蜜柑

(恋人いねーだろ、お前……)

また、舟の上で恋人の言葉が途切れた際に、不意に滴る水の音までなんだか親しみが感じられる……という一文からは、語り手と恋人の仲がとても深いものであるということを窺い知ることができます。

「湖上」最大のエモポイントは、なんといっても次のブロックですね!

月は聴き耳立てるでせう、
すこしは降りても来るでせう、
われら接唇(くちづけ)する時に
月は頭上にあるでせう。

純子

月がちょうど真上に来た時に、舟の上で唇を寄せ合う恋人たち……。きゃーッ!なんてロマンティックなのかしら!!

蜜柑

お前はホント、「ロマン」とかいうやつが好きだよな……。

純子

もうもう大好物よっ!また、ここでは「月の擬人化」という手法も上手く用いられているのよね~。

そう、ここで注目したいのは、「月の表現方法」ですね!

湖上で語らう恋人たちの声に、月が「聴き耳」を立て、どんな話をしているか、どんなふうに愛を囁き合っているかをもっとよく聞くために、月ったら「すこしは降りても」来ちゃうんですよね~。おちゃめなお月さまです!

そんな月を、当然ながら気に留める風情もなく、そっと唇を合わせる恋人たちの自然な姿にも、なんだかキュンとしてしまいますね。

純子

次のブロックもとってもいいのよ!ロマンティックな口づけを交わしても、だからといってしっとりした雰囲気になるわけでもなくて、恋人はいつも通り、とりとめもない話をしたり、ちょっとした愚痴なんかを話したりしてるの!

蜜柑

ああ、まぁそこらへんは、気取ってなくていいかもな。

純子

そうよね!いい意味でリアルというか、親しみが感じられる部分でもあるわ。また語り手の男性も、相手の話をしっかり聞きつつオールを漕ぐ手は止めない、というところが、すごく優しくて気の利くひとなのだろうな~ということが感じられて、キュンとしちゃうのよね!

最後のブロックは、冒頭のブロックの繰り返しとなっています。

この構成、なんだかまるで歌の歌詞みたいですよね。サビを最後にもう一回、のような。

中原中也の詩はわりとどれもそうなのですが、全体のテンポがものすごくよいのが印象的ですよね!

「湖上」も最初から最後まで、文章が一定のリズムで刻まれていて、全体的に韻を踏んでいるため、読んでいてとても小気味がよいのです。

純子

内容も素敵だし、口に出して読んだ時のリズムも心地いいから、みんなもぜひ音読してみてね!私みたいに所構わず音読しちゃうと、周りの人から奇異の目で見られるから気を付けてね!

蜜柑

世の中お前みたいなバカばっかじゃねーから安心しろよ……。

まとめ

以上、中原中也の「湖上」の紹介でした!

中原中也は他にも、雰囲気の素敵な詩をたーーくさん書いているので、今後もいろいろな作品を解説してまいりますね!

純子

はぁぁ、「湖上」を読んだら、なんだかボートに乗りたくなっちゃった……。そうだわ蜜柑ちゃん、今から一緒に公園のボートに乗りに行きましょう!

蜜柑

ぜってーーやだ

純子

ううう、わざわざ太文字で断られたわ……聞き耳を立てたお月さまもビックリな不仲具合だわ……。もうっ!いつか絶対一緒に乗ってやるんですからね!

蜜柑

(なんなんだよ、この謎の情熱は……)

ランキングに参加しております
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 純文学へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です