初めての方はまずココをチェック!

安房直子「きつねの窓」を解説!猟師に夢を見せたきつねの思惑とは?

今回は、児童文学作家の安房直子さんが書かれた、「きつねの窓」という絵本について紹介します!

小学校の国語の授業で習うこともあるので、「なんか読んだことあるかも!」という方も多いかもしれませんね。

蜜柑

あー、そういややったかもな、授業で。

純子

懐かしいわよね!今回はこの絵本の、深ぁぁぁぁい見どころについて紹介していくわよ!ラストにはみんな指を染めたくなっちゃうこと間違いなし!

蜜柑

さすがにねーだろ、それは……。

「きつねの窓」のあらすじ

桔梗のイメージ画像

それではさっそく、「きつねの窓」のあらすじを見ていきましょう!

あらすじ

 
 

ある時、猟師の「ぼく」が山で道に迷った時のこと。

 

ぼんやり歩いていたせいか、気付くと「ぼく」は、恐ろしいほど美しい桔梗畑に迷い込んでいました。

 

そこへ不意に白いきつねが現れたので、「ぼく」は鉄砲を構えましたが、きつねは信じられない速さで逃げていきます。

 

必死に追いかける「ぼく」でしたが、やがてきつねの姿を見失ってしまいました。

 

すると、背後に突然、小さなお店が現れました。

 

「染め物 ききょう屋」と青い字で書かれた看板の下には、子どもの店員が1人立っています。

 

すぐに、「さっきの子ぎつねが化けたのだ」と気付いた「ぼく」でしたが、あえて騙されたフリをして、隙を見てきつねを捕まえてやろうと考えます。

 

店内に案内された「ぼく」が、「染め物屋とは何を染めるのか」と尋ねると、きつねはマフラーでもセーターでもなんでも染められると言います。

 

渋る「ぼく」に、きつねは「それなら指を染めましょう」と提案してきました。

 

きつねは自分の、親指と人差し指が青く染まった手で輪を作ると、「ぼく」にその輪の中を見てみるように促しました。

 

指でできた小さな窓の中には、なんと母ぎつねが映っています。

 

ある日、桔梗の花から勧められてこの窓を手に入れたというきつねは、「これでいつでも死んだ母親に会えるから寂しくない」と笑いました。

 

感激した「ぼく」は、喜んできつねに指を染めてもらいます。

 

代金として、きつねは鉄砲を要求してきました。

 

惜しい気持ちもあったものの、せっかくこんなに素晴らしい窓をくれたのだからと、「ぼく」は鉄砲を差し出しました。

 

帰る道中、指で窓を作ってみると、そこには昔好きだった女の子や、今はもういない家族の姿が浮かび上がり、「ぼく」は切ない気持ちになりました。

 

これでいつでもみんなに会える、もう寂しくない、と喜ぶ「ぼく」でしたが、家に帰ると、ついうっかりいつもの習慣で手を洗ってしまい、もう二度とその窓を見ることはできなくなってしまうのでした。

蜜柑

……こんな落語みたいなオチだったか?

純子

そうよ!「きつねの窓」の醍醐味は、このラストにあるといっても過言ではないんだから!




「きつねの窓」の見どころは?

きつねのイメージ画像

「きつねの窓」の最大の見どころは、なんといっても最後、主人公がうっかり手を洗ってしまうところ、なのですが……。

今回は、主人公の指を染めた、きつねの思惑について考えてみましょう。

蜜柑

思惑?ってどういうことだよ?

純子

ちょっぴり残念なことなのだけれど……。蜜柑ちゃん、このきつねは、どうして主人公の指を染めたのだと思う?

蜜柑

どうしてって……。まぁ、善意なんじゃねーの?いいこと教えてあげよう、みてーな。

純子

うんうん、そうだったらよかったのだけどね……。

実際に本文を読んでみると、きつねは決して善意で主人公の指を染めたのではない、ということがハッキリと分かります。

というのも、きつねが主人公に指の窓で母ぎつねを見せた時、「母ぎつねは鉄砲で撃たれて亡くなった」と言っているのです。

蜜柑

って……それ言ったらもう、いくらガキに化けてても正体がきつねだってバレちまうだろーが。

純子

そこがこのきつねのかわいいところなのよ。自分で正体をバラしていることにも、きつねは気付いていないしね。

母ぎつねが鉄砲で撃たれて亡くなったということは、このきつねはきっと猟師を憎んでいることでしょう。

そして、どこから仕入れた情報かは分かりませんが、おそらく「人間が習慣で手を洗ってしまう」ということを知っていたのではないでしょうか。

蜜柑

つまり……いい夢を見て浮かれた猟師がうっかり手を洗っちまったことで、自分と同じように絶望感や喪失感を味わうことを期待して指を染めた、ってことか……。

純子

そう考えられるわね。これを知ったうえで主人公ときつねが話しているシーンを改めて読むと、無邪気なきつねの裏の顔を感じられて、少しぞくっとしてしまうの。

代金として鉄砲を要求したのも、母ぎつねのように狩りに遭って亡くなるきつねが少しでもいなくなることを願ってのことだったのでしょうね……。

「きつねの窓」のココがエモい!

「ココがエモい!」のイメージ画像

「きつねの窓」のエモポイントは、物語のキーとなる、「指を青く染めて窓を作る動作」そのものです!

蜜柑

いや、どういうことだよ……。

純子

蜜柑ちゃんたら、最近すっかり「どういうことだよ」が口癖ね!言葉の通りよ、指を桔梗の花の染料で青くして窓を作ると、その中にもう二度と会えない人が映る……切ないけれど、最っ高に幻想的で素敵だと思わない!?

「きつねの窓」は、私も小学校低学年の頃に、授業で習った覚えがあります。

その時分から、「青く染めた指で窓を作る」という動作にすっかり魅了されていたものです……。

桔梗の染料となると難しいですが、手近にあった青い絵の具を指に塗って、実際に窓を作ってみたこともありました。

蜜柑

ま、そんなことしても何も見えねーけどな。

純子

もー、蜜柑ちゃんたら意地悪ね!けれど、こうして簡単にできることだからこそ、「もしかしたら、本当に何か映るかも?」という子どもながらの好奇心が刺激されるのよね。

まとめ

以上、安房直子さん作「きつねの窓」の紹介でした!

起承転結の流れがしっかりと構成されており、文章も読みやすいので、まさに「小学生向けの絵本」であると思います。

絵本の挿絵もとっても素敵なので、ぜひ大人の方も、本屋さんや図書館などでお手に取られてみてくださいね!

純子

ふふふ、見て蜜柑ちゃん。

蜜柑

あ?って、うわっ!指、青っ!何やってんだよお前!

純子

久々に「きつねの窓」を読んだら、童心にかえっちゃってね!絵の具でペタペタと青く塗ってみたわけよ。

蜜柑

……で、なんか見えるかよ?

純子

うん……蜜柑ちゃんが見えるわ。ハッ、でもそりゃそうよね、私まだ大切な人、誰も亡くしてないもの!何も映らなくて当然ね。

蜜柑

……お前、結構ナチュラルにマジでバカだよな……。

ランキングに参加しております
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 純文学へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です